サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog grammaire

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。

フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにして覚えたらよいのでしょう。

実は、語尾で分ることが多いのです。

まず、統計的には、e で終わる名詞の80%が「女性」だそうです。ですから、――eという語は、分らないときは、「女性」だと思って使えばいい。間違えたところで、たいていは通じます(笑)。

さらに、「接尾辞」で分ることもあります(↓)。

接尾辞

この表にもあるように、tionで終わる語は、すべて女性名詞です。例えば、ambition(野心), association(協会),émotion(気持ちの高ぶり), imagination(想像力), impression(印象), intention(意図), motivation(動機), natation(水泳), nation(国家), opposition(反対), organisation(組織), position(位置), question(質問), situation(状況), station(地下鉄の駅), utilisation(使用)など、たくさんあります。
――sionも同様。conclusion(結論), décision(決定), illusion(幻想)など。
――té(英語の――ty)もすべて女性名詞です。efficacité(有効性),égalité(平等), liberté(自由), natalité(出生率), nationalité(国籍), société(社会), utilité(有用性), vitalité(生命力)など。
逆に、――ment はすべて男性名詞(この形は名詞より副詞が多いのですが)。bâtiment(ビル), gouvernement(政府), sentiment(感情), vêtement(服)などです。
――isme もすべて男性名詞です。capitalisme(資本主義), communisme(共産主義), égoïsme(エゴイズム), individualisme(個人主義), libéralisme(自由主義), socialisme(社会主義)など。
以上すべて、仏和辞典の巻末の「付録」にある「接尾辞表」に載っています。ことさら暗記しようなどとは考えず、ときどき「接尾辞表」を見て確認する(「ああ、そう言えば、この前出てきたあの単語がそうだなあ・・・」のように)のがよろしいかと思います。
(続く)

-blog, grammaire

執筆者:

関連記事

水の中の屁の一撃である

水の中の「屁」の一撃(un coup de pet dans l’eau)?

こんにちは。バゲットです。 もう何年も前のことですが、フランスのテレビニュースを見ていて、ユーロ圏のギリシャ支援策について、解説者が「セ・タン・クー・ドゥ・ぺ・ダン・ロー」と言ったように聞こえました。 聞き間違いかと思い、その箇所を巻き戻して、何度も何度も聞きましたが、やはりそのように聞こえます。フランス語で書くと C’est un coup de pet dans l’eau. 「それは水の中でオナラをするようなものだ(←それは水の中の屁の一撃である)」。 文脈からは明らかに、「それは何の効果もない」という意味ですが、フランス語にはそんな奇怪な表現が存在するのでしょうか? 手元の辞書をすべて引いてみましたが、載っていません。 そもそも、人間がガスを出すことを、「一撃(un coup)」って言うのか??? 普通、「一撃」って言ったら、敵にダメージを与えることを目的に、武器とかを使うことでしょう。スカンクがオナラをするなら、「一撃」って言ってもいいだろうけど・・・ 翌日、大学でフランス人の教師に聞いてみたら、ゲラゲラ笑いながら教えてくれました。 C’est un coup d’épée dans l’eau. 「それは水の中で剣を振り回すようなものだ」。「クー・ドゥ・ぺ(屁の一撃)」ではなくて、「クー・デペ(剣の一撃)」です。 なるほど・・・。 恥ずかしい聞き間違いって、あるものですね(笑)。

男性名詞と女性

フランス語・男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(1)

こんにちは。バゲットです。 たまには趣向を変えて、今日はフランス語の文法について書きましょう。 多くの場合、フランス語の勉強を始めたばかりの方が、まず最初に戸惑うのは、名詞に「性」があることではないでしょうか。「男性名詞」「女性名詞」って、いったい何なの、と。英語には無いですものね、いいそんなもの。 なぜフランス語の名詞には、「性」があるのでしょう。 それは・・・・・・ラテン語にあったからです(笑)。 では、なぜラテン語の名詞には、「性」があったのでしょう。 それは・・・・・・分りません(笑)。どういう訳か、あったのです。 無責任にいい加減なことを言っているのではなく、専門の言語学者たちも「分らない」ということです。大昔のことですから、「万物に霊が宿る」といった考え方(「アニミズム」と言いますが)に基づいているのかもしれませんが、いずれにせよ「単なる推測」に過ぎず、学問的な証拠は無いそうです。 ※       ※      ※ さて、すでにフランス語の勉強を始めている方はご存知のように、名詞の「性」は、人間を指す名詞(家族関係、職業、国籍など)の場合、その人自身の性別に対応します。「お父さん(père)」「男性のパン屋さん(boulanger)」「男性の日本人(Japonais)」は男性名詞で、「お母さん(mère)」「女性のパン屋さん(boulangère)」「女性の日本人(Japonaise)」 は女性名詞です。 ペットや家畜など身近な動物についても、人間に準じて、男性/女性を使い分けることがあります。例えば、ネコは一般に男性名詞(chat)ですが、あえて「メス猫」と言いたいときは女性形(chatte=女性名詞)を用います。 さて、問題なのはそれ以外の名詞。何の根拠もなく、「男性」と「女性」があるのです。単語の持つイメージは関係ありません。「愛(amour)」は男性ですし、「戦争(guerre)」は女性です。一般に「戦い」を意味する名詞(lutte[闘争]、 bataille[戦闘]、 querelle[けんか]、bagarre[乱闘]など)は、女性名詞が多いようです。戦争の女神アテナ(ギリシャ神話ですが)が女性だからなのかも知れませんが、いずれにしてもただの「憶測」です。 この点について、私が大学生だったとき、ある著名な文化人類学者・言語学者の先生がおっしゃっていました、男性名詞/女性名詞という呼び方自体が「便宜的」なものだと考えた方がよい、と。 つまり、冠詞のつけ方(un/une、 le/la・・・)や形容詞の変化(petit/petite・・・)などによって、名詞は二種類に分類でき、二種類あるから、便宜的に一方を「男性」、他方を「女性」と呼んでいるだけだ、と。換言すれば、呼び名は、二対になるものなら何でもよかったのです。「東西」でも「左右」でも「陰陽」でも「凹凸」でも、よかった。それをたまたま、「男女」と呼んでいるだけ、ということです。 さて、そのような名詞の「性」については、名詞を覚えるときに不定冠詞をつけて覚えるとよい、と言われます。ペンだったらun stylo、本は un livre、テーブルは une table、腕時計は une montre、といった具合です。 私もフランス語を始めたころは、そのようにして覚えていましたが、たくさん覚えるといつの間にかゴチャゴチャになって、分らなくなってしまいます。何より、普通は不定冠詞をつけて用いない名詞もあります。「ご飯(riz)」や「勇気(courage)」などの、「不可算名詞」です。 では、男性名詞/女性名詞の区別は、どのように覚えたらよいのでしょう。いくつか「コツ」があるように思います。次回は、それについて、書きましょう。 (続く)

パリの浜辺

ヴァカンスに行こう!(2)

こんにちは。バゲットです。 しばらく間が開きましたが、ヴァカンスのお話の続きです。 さて、ほとんどのフランス人が海や山でヴァカンスを過ごすようなイメージがありますが、昨年の統計によれば、実際に休暇で自宅を離れるのは55%ぐらいです。行き先は8割以上がフランス国内で、一番多いのは、田舎に住む家族、親戚、友人のところ(約50%)。期間は2週間以内が7割を超えています(2週間が40%、1週間が25%、1週間以内も7%)。 休暇の長さを別にすれば、日本人がお盆に帰省するのとあまり違わないですね。 最近はキャンピングカーを購入して、キャンプ場で過ごす人も多いとのことです。 逆に言えば、45%の人はどこにも行かないわけで、そういう人たちのために、大都市では川沿いに人工の浜辺を作ったりします。セーヌ河岸に作られるパリ・プラージュ(Paris-Plages:パリの浜辺↓)が有名ですが、地方出身のフランス人教師の話では、地方の大都市でも作られているそうです。 ちょっと、東京では考えられないですね。 ほとんどの大都市が海沿いにあって、海岸なんて行こうと思えばいつでも行ける日本とは違い、フランス人の海に対する憧れは強烈だ、ということでしょうか。 さて、皆さまは夏休みはどのように過ごしましたか?

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を浴びて(?)いるお菓子があります。 これ(↓)です。マカロン(macaron)です。 ちなみに、これ(↓)も名前は似ています。マクロー(maquereau=サバ)です。 同じような名前なのに、こちらは少しも有名になれません。可哀想だと思っているのは、私だけでしょうかw。 ※       ※       ※ さて、皆さま、そのマカロンですが(「マクロン」とタイプミスしそうで怖いw)、一般にはイタリアが起源だと言われています。  何でも、カトリーヌ・ド・メディシス(註)が、フランス国王アンリ2世(当時は王子)と結婚する際に、イタリアからお抱えの菓子職人たちを連れてきて、彼らがマカロンのレシピをフランスに伝えたのだとか。 その後、フランス全土に広まり、地方ごとに独自の発展を遂げたのですが、1980年代になって、「パティスリー界のピカソ」とも称されるピエール・エルメ(Pierre Hermé)が、ブームに火をつけたそうです。で、そのエルメですが、調べてみると新宿伊勢丹、渋谷西武、渋谷ヒカリエ、池袋西武など、東京だけでも10もお店を持っています。 私は血糖値が少し高いので、普段、甘いものは控えるようにしているのですが、ネットで画像を見ていると、やっぱり食べてみたくなりますね。 (註)カトリーヌ・ド・メディシス(1519年~1589年)。フィレンツェの大富豪メディチ家の出身で、「稀代の悪女」とも言われます。いずれこのブログでも紹介したいと考えています。

バカロレア写真

三たび、全国共通大学入試資格試験・バカロレアについて書きましょう。

バカロレアについて(3) こんにちは。バゲットです。 三たび、全国共通大学入学資格試験・バカロレアについて書きましょう。 前回も書いたように、90%前後の若者が人生を賭けて受験するわけですから、バカロレアはフランスでは国民的なイベントになります。当然、マスコミのチェックは厳しく、出題ミス等があった場合、政府は激しい批判を浴びることになります。 今年は、一部の技術系バカロレアのスペイン語の問題が、去年の追試験(註)と同一だったことが判明し、該当する受験生は、全日程終了後、別の問題で再試験を受けさせられる羽目になりました。「わりと出来たように思っていたのですが・・・」と、インタビューに答える男子生徒の、うんざりした顔が印象に残っています。  ※       ※       ※ さて、2011年、バカロレアの試験問題の一部が、インターネット上に事前に漏出していたことがわかり、大騒ぎになったことがあります。 警察の調査によれば、発端となったのは、エックスマルセイユの大学区本部(rectorat)に出入りしていた印刷技術者が、一枚の紙を自宅に持ち帰ったこと。その紙には、その年の普通バカロレア科学系コースの数学の問題一問が印刷されていたのです。 男は警察に「メモ用紙にするつもりで、印刷ミスの紙の山から一枚取っただけだ」と主張しましたが、その男には高校三年生の息子がいましたから、息子に見せようとの意図的な行為だったのかもしれません。もっとも、その息子が受験したのは技術系バカロレアだったので、彼が直接利益を得たわけではないようです。 その後、技術者の息子がその問題を友人に見せ、その友人が問題を写真に撮って、メールで別の友人に送り、その男がまた別の友人に送り、最終的にその男がインターネットの若者向け掲示板に問題を投稿、拡散したという経緯のようです。 このような事件をうけて、当時の国家教育大臣(Ministre de l’Education Nationale)は、流出した問題を採点の対象から外すという措置をとりました。多くの受験生が不満の声を挙げたようですが、結局、決定はくつがえりませんでした。 なお、漏出したのは、比較的平易な「確率」の問題だったそうです。それが採点の対象から外れたわけですから、数学が苦手な受験生の中には、「人生が変わった」という人もいたかもしれませんね。 (註)バカロレアは全科目加重平均が10/20で合格ですが、8/20以上の得点で不合格になった場合は、追試験を受験することができます。

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。