サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(1)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』と言えば、フランス文学の名作中の名作。サマーセット・モームはこの作品を「世界の十大小説」の一つに挙げていますし、フランスやヨーロッパでは何度も映画やテレビドラマ、ラジオドラマになっています。日本でも宝塚歌劇団がミュージカルで上演していますから、そちらでご存知の方も多いでしょう。
さて、小説の舞台はナポレオンが失脚し、王政復古した時代のフランスです。ブザンソン近郊の材木小屋の息子ジュリアン・ソレル(Julien Sorel)は、卓越した知的能力と美貌を兼ね備え、立身出世を夢見る野心家です。地元の町長レナール氏の家で家庭教師を務めた後、つてを頼ってパリに上り、フランス屈指の大貴族ラ・モール侯爵の秘書となります。そして美しく高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de la Mole)との間で、一種の「恋の駆け引き」が始まるのですが、そこでのやり取りはスリリングでありながらどことなくコミカルで、「ラブコメ」と言ってもよい趣を持っています
スタンダールの赤と黒
例えばマチルドは、ほんの気まぐれからジュリアンと一夜を共にするのですが、すぐにそのことを後悔します。その後数日間ジュリアンに対して冷淡な態度を取ったため、二人はケンカして絶交してしまいます。ところが、「永遠の絶交(brouille éternelle)」をしたとたん、それまでマチルドのことを何とも思っていなかったジュリアンは、自分が本当は彼女を愛していることに気付き、「気が狂いそう(faillir devenir fou)」になってしまいます。
そして一週間後、フランス文学史上、最も有名なシーンの一つです。
図書室でジュリアンに出くわしたマチルドは、「誤解の余地のないあからさまに意地悪な態度(un air de méchanceté auquel il lui fut impossible de se méprendre)」を取ります。弱気になったジュリアンは言います、「それでは、もう私を愛しては下さらないのですね(Ainsi, vous ne m’aimez plus)」。マチルドは答えます、自分自身に腹を立てて、泣きながら。「私はだれかれの見境なく身を任せたと思うと、我慢ならないのよ(J’ai horreur de m’être livrée au premier venu)」。
その言葉を聞くとジュリアンは激高し、なんと、壁に掛かった剣を取って、彼女を殺そうとするのです!
「『見境なく、だって!』とジュリアンは叫んだ。そして図書館に骨董品として飾ってある中世の古い剣に飛びついた(Au premier venu ! s’écria Julien, et s’élança vers une vieille épée du moyen âge, qui était conservée dans la bibliothèque comme une curiosité)」。
そして彼が鞘から剣を引き抜くと、なんと、なんと・・・・マチルドは感動してしまうのです。
「私は恋人に殺されそうになったんだわ(J’ai donc été sur le point d’être tuée par mon amant !)」と考えて・・・。
(この項続く)

-blog

執筆者:

関連記事

マヨネーズが好き

マヨネーズは好きですか(Aimez-vous la mayonnaise)?

こんにちは。バゲットです。   最近はあまり聞かないように思うのですが、以前、「マヨラー」という言葉をよく耳にしました。マヨネーズが大好きで、納豆、お寿司、目玉焼き、餃子など、通常は他の調味 …

マダム・コンとムッシュー・コン

マダム・コンとムッシュー・コン (ユーモア)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、下の写真、緑のトランクスの選手をご存知ですか。 写真ではボディをまともに殴られていますがw、(元)世界ウエルター級チャンピオン、ホルヘ・バカ(Jorge Vaca) …

鉄仮面

鉄仮面(l’homme au masque de fer)

こんにちは。バゲットです。 私が子供のころ、仮面で素顔を隠した「正義の味方」が「悪」と戦うという内容のマンガやテレビドラマが、大流行していました。私は特に藤子不二雄さんの「パーマン」が大好きで、「パー …

マルグリット・ド・ナヴァール

スタンダール流女の子の口説き方(la manière stendhalienne de séduire une fille)(3)

こんにちは。バゲットです。 スタンダール(Stendhal)の『赤と黒(Le rouge et le noir)』で、美しく高慢な侯爵令嬢マチルド(Mathilde de La Mole)は、16世紀 …

悲しみのイレーヌ

『悲しみのイレーヌ/Travail soigné』フランス語学校

こんにちは。バゲットです。 数年前、ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』が日本のミステリー界を席巻し、60万部を超えるベストセラーとなったことは、ご …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。