サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

フランスの国花(Emblèmes végétaux de France)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

今年の春は例年よりも早く気温が上がって、東京都心では早くも3月24日に桜が満開になりました。私は機会がありませんでしたが、皆さまの中にも、お花見に興じられた方は多いと思います。
さて、桜は日本の「国花」とされています。法律上の根拠は無いとはいえ、日本の歴史と深く関わりのある多くの場所(東京で言えば、皇居、靖国神社、千鳥ヶ淵、上野公園など)が、同時に桜の名所としても有名ですし、切手や硬貨のデザインでも満開の桜が使われています。もはや桜=国花という等式がほとんどの日本人に承認されていることは、疑問の余地もありません。
当然、フランスにも「国花(Emblèmes végétaux)」は存在します。ウィキペディア日本語ヴァージョンには、アイリス(iris=アヤメ)とユリ(lys)だと書かれていますが、調べてみるとそれらは過去のフランス王家の紋章で、現在の「共和国(République)」とは何の関係もありません。そこでウィキペディアフランス語ヴァージョン(Emblème végétal)に飛んでみると、フランス共和国の国花は、ヤグルマギク(bleuet↓)と
ヤグルマギク
ヒナギク(marguerite↓)と
ヒナギク
ヒナゲシ(coquelicot↓)だということです。
ヒナゲシ
ウィキペディアの該当ページには、それらがなぜフランスの「国花」なのか、はっきりとした説明はありません。しかし上の三つの写真を見れば、それらが青・白・赤の三色旗と対応していることにすぐに気づきます。そこで、フランスの国旗について調べてみると(フランスの国旗)、やはりその通りで、「国旗の色はそれぞれ青=矢車菊、白=マーガレット(ヒナギク)、赤=ヒナゲシの花で表現される」とありました。なるほどね・・・。
※       ※      ※
さて、私も若い頃、フランス語の勉強のために、フランスの小説をたくさん原書で読みました。小説ですから、風景描写の中でよく花の名前も出てきます。上記の「ヤグルマギク」「ヒナギク」「ヒナゲシ」は、本当によく出てきたように思います。加えて、よく出てくるのは、「ツルニチニチソウ(pervenche)」「西洋サンザシ(aubépine)」「スイカズラ(chèvrefeuille)」あたりでしょうか。フランス語で小説を読みたい方は、覚えておくとよろしいかと思います。

-blog

執筆者:

関連記事

私のウサギちゃん

私のかわいいウサギさん(mon petit lapin)

大学1年の冬だったように記憶しているのですが、アーネスト・ヘミングウェイ(註)の『誰がために鐘は鳴る』を読みました。スペイン内戦(1936~1939)を舞台に、義勇兵として参戦したアメリカ人の青年ロバ …

モン・サン・ミシェル

モン・サン・ミシェル(Le Mont-Saint-Michel)

こんにちは。バゲットです。 フランスの観光スポットの中でも最も有名なものの一つ、モン・サン・ミシェル。私も15年以上前に訪れたことがあります。 フランス人の若い女性のガイドさんについて修道院を回った( …

フランスのレジオン・ドヌール

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(1)

こんにちは。バゲットです。 記憶がひどく曖昧で申し訳ないのですが、私が子供の頃(1960年代)のテレビアニメ(あるいはマンガ?)の登場人物で、普通の子供なのにどういう訳か胸に勲章をつけていて、ことある …

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリー …

CatherineDeMedicis

マカロンはお好き?

こんにちは。バゲットです。  最近、日本国内のフランス好きやフランス関係者の間で、フランス共和国大統領エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)に名前が似ているということで、一躍、脚光を …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。