サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

彼女はいつも月にいる(Elle est toujours dans la lune)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

最近は廃れてしまったのかもしれませんが、私が子供のころ、少なくとも千葉の農村地帯では、まだお月見の習慣が残っていました。9月半ばの満月の夜(=十五夜)に、月見団子を作って、月の見える縁側(や窓際?)にお供えし、ススキを飾ったりして、しばらくしてからそのお団子を食べる。私は毎年、十五夜になると、5キロほど離れた母の実家に連れて行かれ、アンコのついたお団子を食べ、祖父母からお小遣いをもらったりして可愛がってもらったものでした。お団子と関係があるのかないのか知りませんが、当時(今でも?)、月には(sur la lune)ウサギがいて、お餅をついているなどと言われていました。
私が小学生になると、アメリカのアポロ11号が月面に着陸し、二人の宇宙飛行士が月を(sur la lune)歩きました。担任の先生が本来理科が専門だったこともあったのか、クラス中で大騒ぎしたのをよく覚えています。
ずっと後のことですが、「実際、月はどのくらい遠いのか」と、自分で計算してみたことがあります。地球の直径が約13,000キロ、月のそれが3,500キロで、お互いの距離が385,000キロだから・・・・・・地球を直径13センチのグレープフルーツだとすると、月はウメぐらいの大きさで、4メートルほど離れている。そう考えると、ものすごく遠いことが分かるし、そんな遠くまで人類が行ったということは本当にすごいことだと、改めて感じます。
※      ※      ※
さて、フランス語に「月の中にいる(être dans la lune)」という表現があります。ウサギや宇宙飛行士のように「月の上(sur)」ではなく、「月の中(dans)にいる」ですが、「ぼんやりする(être distrait)」、「物思いにふける(être perdu dans ses pensées)」という意味です。(http://www.expressio.fr/expressions/etre-dans-la-lune.php
月の中にいる
リンク先(↑)によれば、「昔から月は夢想、放心と結びつけられている(Depuis longtemps la lune est associée au rêve, à la distraction)」とのこと。まぁ、何となく、分かるような気もします。月を見て意識を集中するのは天文学者ぐらいなわけで、普通の人は月を見るとき物思いにふけるでしょうから。
※      ※      ※
私は若いころから夢想癖があって、勉強しようとしてもなかなか集中できず、それを改善しようと(前回の記事でも書きましたが)図書館に入り浸ったり、いろいろと苦心してきました。ところが20年ほど前、文芸評論家の福田和也さん(現在慶応大学教授)がおおよそ次のようなことを書いているのを読みました。
「文芸評論家などをしていると、よく人から『家にいるときはいつも本を読んでいるのですか』と聞かれる。それは仕事だから、本は読む。しかし大抵は、壁の掛け軸などを眺めながら、ボーっとしている。」
福田さんほどの秀才で読書家でも、そうなんですね。いつも「月にいる(être dans la lune)」からといって、あまり気にしなくてもよさそうです。

-blog

執筆者:

関連記事

ヒナゲシ

フランスの国花(Emblèmes végétaux de France)

こんにちは。バゲットです。 今年の春は例年よりも早く気温が上がって、東京都心では早くも3月24日に桜が満開になりました。私は機会がありませんでしたが、皆さまの中にも、お花見に興じられた方は多いと思いま …

サンマの料理

サバとサンマと真っ赤な嘘と(des poissons et un gros mensonge)

こんにちは。バゲットです。 私が高校生のとき、お姉さまが東京外国語大学でフランス語を勉強しているという同級生がいました。彼は私に、「姉から聞いた話」として、次のように教えてくれました。 ・・・・・・フ …

カトリーヌ・アルレー わらの女

わらの女(La femme de paille)

こんにちは。バゲットです。 皆さま、『わらの女(La femme de paille)』というミステリー小説をご存知ですか。 フランスの女性作家カトリーヌ・アルレーの作品で、週刊文春の『東西ミステリー …

雪だるま

雪だるまを作る(faire un bonhomme de neige)

こんにちは。バゲットです。 今年の冬は全国的に猛烈な寒波に襲われて、東京でも数年ぶりに積雪が、しかも二回もありました(2月5日現在)。公園や小学校の校庭で、雪だるまを作って遊んだ子供たちもいたでしょう …

ヒナギクの花びらをむしる

恋占い(effeuiller la marguerite)

こんにちは。バゲットです。 カナダの作家、アリス・マンロー(Alice Munro、2013年ノーベル文学賞受賞)に「恋占い」という短編小説があります。中学生の女の子二人が、地味な中年の独身女性に、遠 …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。