サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

サバとサンマと真っ赤な嘘と(des poissons et un gros mensonge)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

私が高校生のとき、お姉さまが東京外国語大学でフランス語を勉強しているという同級生がいました。彼は私に、「姉から聞いた話」として、次のように教えてくれました。
・・・・・・フランス語では、挨拶で「サバ (Ça va) ?」と言う。英語の How are you ? に対応する表現で、「元気かい」という意味だ。サバ(↓)です。
サバ魚
そう挨拶された相手は、元気なら「サバ」と答える。もし元気じゃなかったら、「サンマ」と答える。サンマ(↓)です。
サンマ魚
「偏差値」と「権威」に弱い、素直な(?)高校生だった私は、「東京外大」の権威にコロリとだまされ、友人の話を全面的に信じました(註)。そして思ったのでした、「フランス語はなんと不思議な言語なのだろう、私も大学に入ったら、絶対にフランス語を勉強しよう」と。
※       ※       ※
さて、フランスでもサバ(maquereau)はよく食べるようで、ネットで検索すると、サバの料理はたくさんヒットします。たとえば、これ(↓)とかです。
サンマの料理
おいしそうですね。
でもサンマは、辞書で引いてみると、学名(scombrésocidé)しか出てきません。ウィキペディア日本語版によると「北太平洋に広く生息する」とありますから、大西洋にはいないのでしょう。
サバもマグロ(thon)もサケ(saumon)もイワシ(sardine)も、さらにはタイ(daurade)やウナギ(anguille)でさえ、太平洋にも大西洋にもいるのに、なぜサンマは太平洋にだけいて、大西洋にはいないのでしょうか???
「進化の謎」だとしか言いようがありません。ただ、サンマの塩焼きが大好きな私は、「日本に生まれて本当に良かった」と思うだけです。
※       ※       ※
さて、「真っ赤なウソ」は、フランス語では何と言うのでしょう。辞書で引くと“ un gros mensonge ”と出てきます。
あるいは、驚いたとき、信じられないときに言う「ウソ~!」だったら、“Tu blagues/plaisantes /rigoles !(=冗談だろ)”、“C’est pas vrai !(=ホントじゃない)” でいいでしょう。“Sans blague !(=冗談はナシだぞ)” という言い方もありますね。
まあ、これらの表現を覚える切っ掛けになったということで、高校の同級生の「真っ赤なウソ」は、水に流すことにしましょうか。

(註)フランス語を全く知らない方のために書いておきますが、「サバ (Ça va) ?」は事実です。「サンマ」は、全くのデタラメです。

-blog

執筆者:

関連記事

キャベツ

キャベツを植えに行く(aller planter ses choux)

こんにちは。バゲットです。 若い方は聞いたことがないかもしれませんが、私が子供の頃(1960~70年代)、漫画やテレビドラマで、「ニワトリでも飼って余生を過ごせ」というセリフをよく目/耳にしました。 …

ヒナギクの花びらをむしる

恋占い(effeuiller la marguerite)

こんにちは。バゲットです。 カナダの作家、アリス・マンロー(Alice Munro、2013年ノーベル文学賞受賞)に「恋占い」という短編小説があります。中学生の女の子二人が、地味な中年の独身女性に、遠 …

カタツムリを食べる

カタツムリを食べる(manger des escargots)

こんにちは。バゲットです。 私は房総半島の農村地帯で育ったので、子供の頃、家の近くでカタツムリをよく見かけました。実際に手に取ってみたことも、何度もあります。当時は(今でもそうなのかも知れませんが)、 …

水の中の屁の一撃である

水の中の「屁」の一撃(un coup de pet dans l’eau)?

こんにちは。バゲットです。 もう何年も前のことですが、フランスのテレビニュースを見ていて、ユーロ圏のギリシャ支援策について、解説者が「セ・タン・クー・ドゥ・ぺ・ダン・ロー」と言ったように聞こえました。 …

男性名詞と女性

男性名詞と女性名詞(les noms masculins et les noms féminins)(2)

こんにちは。バゲットです。 前回に続いて、名詞の「性」について書きましょう。 フランス語では、人間(+身近な動物)以外を指す名詞は、何の根拠もなく男性名詞/女性名詞に分類されます。それは、どのようにし …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。