サイトロゴ

レコールドフランセ フランス語学校 へようこそ!

03-3363-6603

blog

ウサギは好きですか(Vous aimez le/les lapin(s) ?)

投稿日:

こんにちは。バゲットです。

何度か書いたように、私は千葉の山奥の農村地帯で育ちました。祖父母は専業農家で、私が子供のころ、家にはたくさんの動物がいました。豚とニワトリはかなり長い間(高校生ぐらいまで?)飼っていましたが、小学校低学年までは馬、牛、山羊などもいて、ほんの短期間でしたが、ウサギを飼っていたこともありました。
ウサギはたくさんいたわけではありません。15匹(15羽?)か、20匹か、そんなものでしょう。ネコぐらいの大きさで、真っ白で、目が赤く、耳が長くて、すごく可愛いウサギたちでした。私も耳を掴んでもち上げたり、抱いたりしたことが何度もあります。J’aime les lapins (私はウサギが好き)。
私はウサギが好き
さて、21世紀になったばかりのころ、「食通」を自認する友人に連れられて、パリでミシュランの星つきレストランに行きました。「高級」というより「家庭的」な雰囲気のお店で、壁には、シェフがミッテラン大統領と一緒に写っている写真が飾ってあったのを覚えています。で、友人の勧めもあって、注文したのが「ウサギのクリームシチュー」。
私は、ウサギを食べるのはそのときが初めてでした。何が出てくるかと期待半分、怖さ半分で待っていると、ウエイトレスが大きめのお皿を持ってきて、テーブルに置きます。中を見ると、クリームのかかったウサギがまるまる一匹乗っている。アバラ骨や背骨など骨格全体がそのまま残っていて、背骨はあり得ない角度で曲がっている、という状態です。生きていたときのウサギの姿が想像できてゲンナリし、「料理を味わう」という気分にはなれませんでした。結局、最後まで食べましたが、味はよく分かりませんでしたね。Je n’aime pas le lapin (私はウサギが好きじゃない)。
※      ※      ※
さて、ここで、フランス語の勉強です。「私は~が好きです」のように、自分が好きなものを言うときは、動詞aimer を用います。目的語になるのは「定冠詞+名詞」(英語と違うので注意)で、不可算(数えられない)名詞なら単数、可算名詞なら複数にします。例えば、「私はコーヒーが好き」なら J’aime le café、「私はネコが好き」なら J’aime les chats ですね。
では、「私はウサギが好き」は、どのように言うのでしょう。「動物としてのウサギが好き」なら、ウサギは1匹、2匹・・・と数えられますから、J’aime les lapins です。
ところが、「食べ物としてウサギの肉が好き」という場合、肉は数えられません(「量」で考えるべきものです)から、J’aime le lapin と単数形にします。初心者の方は間違えやすいので、注意してください。

-blog

執筆者:

関連記事

フランス人作家ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の『その女アレックス(Alex)』

『その女アレックス(Alex)』

こんにちは。バゲットです。 ミステリー小説の「本場」とされるのは一般に英米で、フランスのミステリーは、ガストン・ルルー(Gaston Leroux)の『黄色い部屋の謎(Le mystère de la …

フランスのレジオン・ドヌール

レジオン・ドヌール勲章(Légion d’honneur)(1)

こんにちは。バゲットです。 記憶がひどく曖昧で申し訳ないのですが、私が子供の頃(1960年代)のテレビアニメ(あるいはマンガ?)の登場人物で、普通の子供なのにどういう訳か胸に勲章をつけていて、ことある …

ガトー・オ・ショコラ

どんなケーキが好きですか(Quels gâteaux aimez-vous ?)

こんにちは。バゲットです。 私が学生時代、住んでいたアパートの近くに、チーズケーキの美味しい喫茶店がありました。毎日、大学の図書館で閉館時間まで勉強し、帰宅する前によく寄ったものでした。後は帰ってお風 …

ゲルマントのほう

プルースト流女の子の口説き方(la manière proustienne de séduire une fille)

こんにちは。バゲットです。 マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』。長大かつ難解のことで知られ、現代文学にも多大な影響を与えたとされる、20世紀フランス文学の名作です。社交界の人間模様が延々 …

本の虫, 図書館のネズミ

図書館のネズミ(rat de bibliothèque)

こんにちは。バゲットです。 私は高校時代、日曜日や休暇中は、一日中図書館で勉強することを習慣にしていました。自宅では集中力が途切れ、ボーっとしてしまうことが多いので、皆が勉強している場所で勉強すること …

あなたのお住まい、お仕事は東京でしょうか?フランス語や文化に興味がございますか? くつろげて、自分に合うフランス語学校をお探しでしょうか?

東京でフランス語を学ぶのでしたら、新宿、池袋から数分の私たちの学校のサービスをご提案します。

初心者、初級対象者のすべての方には他校にはないプライベートレッスンをご提供します。初心者の方にはマンツーマンでそれぞれの題材の最後までご指導します。

その他のレベルではスタンダードコースとして(中級、上級)クラス内での広がりを作る為に1クラス3人まで のセミプライベートレッスンとプライベートレッスンがございます。

個人レッスンでは各ご要望のコースで対応します(文法、語彙、口語表現、試験準備、テレビニュース他…)。 フランス語会話サロンでは文化や社会に関する様々な題材で意見を交わし、東京からフランスまでを旅し、横断する事が出来ます。又、幼稚園生から大学生まで、セミプライベートレッスン、個人レッスンもご提案させていただきます。

私達の学校は会話を基本とする方法で、フランス語圏出身の講師による生きた会話レッスンを行っています。そういうわけで、私達は本校のことを、会話学校又は自由会話サロンと呼んでいます。